【6月】プラズマ装置『マグラブ』制作ワークショップ【終了】

ケッシュ財団が公開している、プラズマ装置『マグラブ』の資料を元に、それを実際に制作し完成させようという、ワークショップです!

マグラブってなんですか?

マグラブ(MAGRAV)とは、ケッシュ財団が研究開発し技術公開しているフリーエネルギー装置です。装置の開発はまだ途中であり、公開されている資料も随時アップグレードされています。

現在公開されている資料を元に作成されたマグラブは、使用環境によって異なりますが、最大20〜40%ほどの節電効果をもたらしています。

インターネット上には、マグラブは嘘であるとか詐欺であるなどという書き込みもありますが、資料が公開されていますので、実際に制作してみればその真偽がはっきりとわかります。そして作ってみればそれが真実であることは明白です。

画像の説明

ワークショップについて

山口県でこの活動を行っているimimiさんを講師にお招きし、マグラブを2日で完成させます。
初日はマグラブ制作の基礎や理論を学びます。
2日目で、コイル巻きからナノコーティング、結線、ガンズコーティング、最終結線、コンセント取り付けをして、完成させます。

日程:6月4日(土)〜5日(日)の2日間 ※部分参加可

参加費:41,000円(材料費込)
時 間:11時~17時半
会 場:熊本県菊池市にあるSandalphonのセッションルーム
    ※人数が多い場合は会場が変更になる可能性があります。
     会場は申し込み後にお知らせいたします。

最低開催人数:3名〜
    ※参加申し込みが3名に満たない場合は、
     キャンセルとなりますので、
     あらかじめご了承下さい。

部分参加について
どうしても2日間参加できない方は、部分参加も可能です。欠席部分については、こちらでその分の作業を進めますので、参加可能な日程でお申し込み下さい。
最終的に完成品を受け取っていただきますので、料金は変わりません。

なお初日はマグラブの作り方の概論を学びます(コイルの巻き方を学びます)。作り方だけを学びたい方は、初日のみ12,300円(コイル代は別途2,000円)で参加可能です。

講 師:imimi
2007年から本格的にヘミシンクをはじめ、モンロー研究所レジデンシャル・トレーナーであるケヴィン・ターナー氏のもとでリトリーバル(救出活動)を習得する。以降、「imimiのリトリーバル日記」の著者として活動を続け、2013年にアカシックレコード・リーディングを開発し、全国各地で指導する一方、個人セッションを通して、ビジネスや病気など悩み苦しんでいる多くの方をサポートし続けている。

ブログ:http://blog.kuruten.jp/imimi
プラズマ装置マグラブについて:http://trueforce369.wix.com/imimi#!home/mainPage

菊池市周辺情報
菊池市は阿蘇山の北東に位置する、緑豊かな農産物の生産地です。温泉にも恵まれ泉質の良い温泉がいくつもあります。
http://www.city.kikuchi.lg.jp/