21日間毎日遠隔ディクシャコースVer.2【9/25〜10/15・受付終了】

1コース 10,000円 [前払い制]

開催期間:9月25日〜10月15日の21日間

21日間、毎日遠隔でワンネス・ディクシャを受けていただくことのできるコースです。

21日間毎日遠隔ディクシャコースが、バージョン2にアップグレードいたしました!(3月分より)

  • これまでのワンネスディクシャに加え、他の遠隔ヒーリングでも導入をはじめた「浄化と統合」のエネルギーを加えました。
    他のセッションで遠隔ヒーリングを体験されたことのある方は、その効果を実感していただいていることと思います。
  • 手順としては、まず「浄化と統合」のエネルギーを流し、その日手放すことのできる不要なエネルギーを浄化し、エネルギー状態のバランスを整えます。
    その後、ワンネスディクシャを流します。
  • このことにより、より早く効果的に、悟りに近づいていく事ができます。
  • ※注:効果には個人差があります。

前回ディクシャVer.2を受けてくださった方からは、以下のような感想を頂いています(^^)

  • 毎日浄化が続いてすごかった
  • たくさんの氣づきがあった
  • 今までになく深い眠りの毎日だった
  • 短時間でもぐっすり眠れて疲れがとれた
  • 以前にも増して、ものごとをありのままに見れるようになった
  • 第1チャクラと第2チャクラのエネルギーが整った
  • 子どもの頃の無邪氣さが戻ってきた
    etc...

浄化のエネルギーを加えたことで、やはり不要なものを溜め込みにくくなり、ぐっすり眠れたり、ありのままな感じが戻ってくるようです。

ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。21日間コースでは、毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ディクシャ期間の注意点

  • このコースでは毎日遠隔でディクシャを行いますが、時間は決めておりません。毎日こちらの都合のよい時間に行いますことを予めご了承下さい(ディクシャ開始前にメール等でご連絡いたします)。
  • イベントなどでどうしてもディクシャができない日がある時は、翌日2回に分けてディクシャを行うことがありますので、ご了承下さい。
  • 1回の遠隔ディクシャにかかる時間は5〜10分ほどです。
  • リアルタイムの遠隔ディクシャの時間に、忙しく活動していてゆっくり感じることのできなかった人は、リアルタイム後24時間受け取ることができるようにしておりますので、ゆっくりできる時間に受け取り宣言をして受け取って下さい。
  • ディクシャの後にまれに強い眠氣を催す方がいます。眠氣が強い場合は無理をせず、眠ってしまうか、静かにお過ごしください。
  • 浄化が起こる場合がありますので、水を多めに飲むよう心がけて下さい。

重要

  • ディクシャ期間中は、毎日一斉メールにてディクシャ開始のご案内をいたします。
    ただ、お使いの通信サービスによっては、個別のメールは届いても、一斉メールは届かない場合もあるようです。
  • ディクシャが始まっても、まったく連絡がない場合、お使いの通信サービスの迷惑メール設定をご確認ください。
    詳細は、以下のページをご覧ください。


お申し込み

  • ご記入いただきました個人情報は、こちらからのご連絡に使用させていただきます。他には一切公開いたしません。
  • iPhoneの標準ブラウザのSafariにて、申込時にエラーが出てしまう場合があります。その場合は他のブラウザ、例:Google ChromeFirefoxなどをご利用ください。
    PCからは問題なくお申し込みいただけます。

  • iCloud のメールをお使いの方へ
    只今、icloud.com へのメールが送れないという問題が発生しております。これはiCloudが導入しているproofpointというセキュリティサービスの問題であり、メールのブロックの解除申請を行っておりますが、いつ解除されるかは不明です。
    その為、大変お手数ですが、セッションのお申込みお問い合わせは icloud.com 以外のメールアドレスをご使用下さい。

  • Gmailをお使いの方へ
    Gmailでは、こちらからの返信メールがしばしば迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあります。最初の返信が届いても、次のメールが迷惑メールに振り分けられたりと、状況によって動作がまちまちです。お申込み後は、時々迷惑メールフォルダの確認をお願いいたします。

お名前のよみがなをご記入ください
生年月日をご記入ください(例:2000年1月1日)