遠隔ヒーリング

1セッション 10,000円 [前払い制]

内容の厳しさ内容の厳しさ1

遠隔ヒーリング

遠隔ヒーリングとは、目の前にいるクライアントに対して施術をするのと異なり、遠方にいるクライアントに対して氣のエネルギーを送り治癒に導く療法のことをいいます。

>>魂の甦りワークについてはこちらをご覧ください

Sandalphon では、ざびえるの母星(銀河系第1ワンズ、アーレル系惑星エメランダ・通称ザビエル星)からの統合のエネルギー、アルクトゥルスからのサポート、靈氣(レイキ)、エナジーヒーリング等の手法を用いて、遠隔ヒーリングをいたします。
エナジーヒーリングでは、対象をエネルギー的に透視し、視覚化した後に、いわゆる邪氣(マイナスのエネルギー)抜いたり、正常な状態に調整することを行います。

遠隔ヒーリングでは、まず問題の原因をリーディングした後、その内容によって、ざびえるの母星(通称ザビエル星)からの統合のエネルギー、アルクトゥルスからのサポート、靈氣(レイキ)、エナジーヒーリング、チャクラヒーリング、過去世の書き換え、アカシックのエネルギー変換、DNAアクティベーションなどから、1つまたは複数を組み合わせて行います。どの手法を用いるかはその時々で異なりますので、あらかじめご了承ください。
※オプションでディクシャを追加することができます。

遠隔ヒーリング後、問題の原因とヒーリング結果のレポートをお送りいたします。

遠隔ヒーリングは病気を診断するものではありません。また病気を診断することはありません。その点を予めご了承下さい。

2017年3月12日の満月の日に行われた統合ワークにおいて、ざびえるは、自身の未来世である宇宙人ツァヒールの出身星(銀河系第1ワンズ、アーレル系惑星エメランダ)とのエネルギーと繋がることができました。

エメランダのエネルギーは、対象者から不要なエネルギーを取り除き、陰陽を統合し、その人本来の状態へと回復させる働きがあります。

また2017年5月10日にはアルクトゥルスの存在とつながり、そのサポートを受けています。

今後、ざびえるのセッションにおいては、これらのエネルギーが自動的に流れることになります。予めご了承いただけますようお願いいたします。


はじめてのセッションのお申込みはじめてお申込みされる方はこちらからお申込みください。
2回目以降のセッションのお申込みすでにメンバー登録をしている方はこちらからお申込みください。
順番の確認と予約はこちらお申込み後の順番の予約と確認はこちらを御覧ください。

その他のリーディングセッションメニュー